続 EXIFとGPSとAutoCADストア

EXIFとGPSとAutoCADストア で夢見たツールパレットを作ってみました。

動かしているところを動画にしてみました。

「 例のツールパレットにそっくり過ぎる!」という声が聞こえてきそうですが違うんです!

私の頭の中に描いていたものが既に存在してただけなんです!(笑)

図面には「JGD2K-06」の座標系を設定しています。

画像ファイルをツールパレットのリスト部分にドラッグ&ドロップでリスト表示。

リストクリックにより上部にその画像、下部の地図に撮影位置を表示します。

地図部分はOpenStreetMapを表示させています。

リストにある全ての画像のファイル名をDWG上にプロットさせています。

リストで選択した画像の位置をZOOM表示させています。

リストで選択した画像をDWG上で選択した位置にアタッチさせています。

という流れの動画です。

今回AutoCAD.NETプログラミングで初めてラスターアタッチの方法をお勉強しました。

悩む事を覚悟で検索するとこちらのヘルプ。

http://help.autodesk.com/view/ACD/2016/JPN/?guid=GUID-00A0BCD9-4519-4746-BC73-88544D75D789

もうそのまま使えるサンプルコードじゃないですか。

.NETのヘルプも充実してきてますね。

AutoCADストアの調査はまた次にでも。

(宮田)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中