地理院タイル「浸水推定図」をQGISで見る

令和2年7月3日夜から4日昼の豪雨によって、熊本県を流れる球磨川水系が、八代市、芦北町、球磨村、人吉市、相良村の計13箇所で氾濫・決壊し、広範囲で浸水被害をもたらしました。

このときの浸水の状況を「浸水推定図」として国土地理院が公開しています。

QGISで地理院タイルを読み込む

このような浸水推定図が「タイル画像」としても公開されています。
データがタイル画像で配信されることによって、PCがインターネットにつながっていればQGISで簡単に読み込むことが可能です。

QGISで地理院タイルを読み込むにはブラウザパネルの[XYZ Tiles]を右クリックして「新しい接続」を選択します。

01_読み込み1

[XYZ Tiles]を右クリックして「新しい接続」を選択

そうすると[XYZ接続]というダイアログウィンドウが立ち上がるので、「URL」欄にタイル画像のURL、「名前欄」にわかりやすい名称を記載し「OK」をクリックします。

02_2_読み込み2

「URL」欄にタイル画像のURL、「名前欄」にわかりやすい名称を記載

このときの「URL」は、地理院タイルのサイトに記載されているURLです。タイル画像のURLは、末尾が「{z}/{x}/{y}.png(jpg)」となっています。

02_1_タイル一覧

タイル画像のURL

ブラウザパネルの[XYZ Tiles]のプルダウンメニューに先ほど入力したタイルが追加されているので、これを右クリックして「レイヤをプロジェクトに追加する」を選択すると地図にタイル画像が追加されます。

03_追加

タイル画像を右クリック:「レイヤをプロジェクトに追加する」

背景図として航空写真の地理院タイルを表示した上に、今回の「浸水推定図」を読み込むと下図のようになります。

04_浸水推定図

「地理院タイル」による浸水推定図

QGIS応用編

レイヤ「浸水推定図」のプロパティで透過率を設定すれば、背景を透過して見ることができます。

05_透過設定

レイヤプロパティによる透過性(不透明度)の設定

06_透過

浸水推定図の地理院タイルを透過表示

ここに、国土数値情報の「避難施設」をダウンロードして重ねてみます。
国土数値情報はhttps://nlftp.mlit.go.jp/ksj/からダウンロードできます。避難所の他にも様々なデータが用意されています。

07_国土数値情報「避難所」

国土数値情報「避難所」をダウンロード

下図のように避難所のポイントデータを地図に追加すると、浸水してしまった避難所が一目でわかるようになりました。
※避難所データは作成年度がH24年度と若干古いので注意が必要です。

08_浸水避難所

浸水推定図と避難所を重ねた例

地理院タイルのような配信画像データを利用することで、自らデータを用意することなく、有用な地図データにアクセスできるようになります。

(式)

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中