Leafletでテキストを作図する

Leafletでマップ上にテキストを記述するためには、プラグイン”Leaflet.Illustrate“を利用します。

動作イメージはデモページをご覧下さい。

Leaflet.Illustrate_1

マップを表示するhtmlファイル(index.html)にLeaflet.Illustrate.cssとLeaflet.Illustrate.jsへの参照パスを記述。

<head>
  …
  <link rel="stylesheet" href="css/Leaflet.Illustrate.css"/>
  < script src= "js/Leaflet.Illustrate.js"> </script>
  …
</head>

上記ファイルはここからダウンロードします。このとき、imageフォルダ内の画像データも忘れずに。

index.htmlの<script>タグ内に下記を記述。

new L.Illustrate.Control({
edit: {
featureGroup: drawnItems
}
}).addTo(map);

map.on('draw:created',function(evt){
var type = evt.layerType,
layer = evt.layer;
drawnItems.addLayer(layer);
});

デフォルトのままだと”pointer”というちょっとわからない図形を作図するボタンも表示されるので、これはjs側(Leaflet.Illustrate.js)でオフ(コメントアウト)にしました。(もっとスマートなやり方があるのかもしれませんが)

//            {
//                enabled: this.options.pointer,
//                handler: new L.Illustrate.Create.Pointer(map, this.options.pointer),
//                title: 'Add a pointer'
//            }

ここまで無事に設定できると、テキスト作図ボタンが現れるはずです。完成はこちら(デモページ)

Leaflet.Illustrate_2.PNG

Leaflet.Illustrate_1

作図したテキストはGeojson形式でエクスポートすることができます。
下図は、地理院地図で、このエクスポートされたGeojson形式のデータを読み込んだところ。書かれたテキストは、ポイントデータの「属性」として、その内容が保存されています。

Leaflet.Illustrate_3

(式)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中