ミラーしてもブロックの形はそのままで居て欲しい

AutoCADのミラーコマンドを使うと当然ブロックの形状もミラーしてくれますよね。

こんな風に。

001

白いのがブロックです。
属性文字二つと線分と四角で一つのブロックになってます。
地質の走向・傾斜の記号ですね。

ミラーした時に挿入基点の位置はミラーされても、走向・傾斜の形は変わって欲しく無い場面が有るんです。

後からプロパティの一括操作で元の向きに直せるようなブロックでも無く…
もの凄い数が有るブロックを一つずつ移動させる根気も無く…

なので作ってみました。
ミラーしてもブロックの形状は変わらないコマンドを。
VBAで出来ちょります。

(宮田)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中