画面に表示されている色情報を取得

今回は、パソコンの画面上でクリックした位置の色(RGB)を取得し、そのRGBからウェブカラー,HSL,CMYKに変換するプログラムを作ってみました。

RGBとは、光の3原色『R(赤)G(緑)B(青)』でパソコンのモニターの色はこのRGBで表現されています。

AutroCADのTrueColorでもRGBは使われており、他にHSLで色を設定することも可能です。

HSLとは、『H(色相)S(彩度)L(明度)』の3つの要素からなる表色系です。

あと、ウェブカラーはウィキペディアを参照して頂くとして、CMYKは『C(シアン)M(マゼンタ)Y(イエロー)K(ブラック)』の4成分によって色を表しています。

このプログラムを使用することで、カラー原稿(イメージデータ等)の色情報を画面から取得し、AutoCADの画層管理等へ容易に設定することが可能です。

以下の画像は、RGB取得プログラムのイメージです。

※建物の輪郭線のRGBを取得しています。

RGB取得ツール

※壁紙(Windowsロゴ)のRGBを取得しています。

RGB取得ツール2

原稿通りの色を再現する必要がある業務に役立つハズです。

(奥村)

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中