AutoCADから地理院仕様のタイル画像を作成

まず、タイル画像とは地球地図全体を表示倍率に応じて分割し、1つのタイルを規定のサイズ(地理院仕様(※1)では縦横256×256ピクセル)で表現したもので、OpenLayersの背景地図としてこのタイル画像が使用されています。

(※1)地理院仕様のタイル画像につきましては、国土交通省国土地理院の「地理院タイル仕様」をご覧ください。

OpenLayersを利用して独自の地図情報を作成するには、背景地図に重ねて表示する要素(※2)が必要となります。

(※2)目印,イメージ,ポリゴン,3次元モデル,説明など

ここでは、AutoCAD上に表示したコンター図より縦横3×3枚=9枚のタイル画像を作成しています。

▼タイル画像を作成し始めた頃は、画像の境界が合わずラインも途切れていました。(下記画像)

タイル画像初期

▼現在は、よく見れば画像の境界を特定できる程度まで改善できました。(下記画像)

タイル画像現在

あとは、この画像を背景地図に重ねる為に透過画像に加工し、html形式のファイル等をアレコレ(※3)すれば、独自の地図情報の完成です。

(※3)アレコレにつきましては別の記事で。。。

タイル画像作成でお困りでしたら、協進エンジニアリングにご相談ください。

(奥村)

広告

AutoCADから地理院仕様のタイル画像を作成」への1件のフィードバック

  1. ピンバック: openlayers3でタイル画像化(透過処理)した平面図を表示する | キョウシン・ラボ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中